うつ病は治療可能な病気です.
   家族の理解を得て,治療を続けて受ければ,必ず治る病気です.
   治療を始めたら,必ず守ってほしいことがあります.
   また,患者さんにとってタブーなこともあります.

 

TOP > 診断ガイド > うつ病治療中の患者さんへ 

うつ病治療中の患者さんへ

 うつ病や心の病で治療している方へ. 心の病の多くは,治療によって改善・回復します.特にうつ病は近年増加傾向にあり,珍しい病気ではなくなりました.

 ご自分がうつ病かどうか,まだ半信半疑の人もいらっしゃるかもしれません.でも,お医者さんや家族が治療を勧めたら,病院で今後のどうしたら良いか相談しましょう.改めて医師から,うつ病と診断されたらば,悲観なされるかもしれませんね.何かしら自責の念でつぶれそうになるかもしれません...

 しばらく時間をおいて,ご自身の考え方を見直してみてください.うつ病になったということは,これまで頑張りすぎてしまった証拠です.その頑張りに対して,心と体が待ったをかけた状態がうつ病です.

 しばし休息を取ってみましょう.うつ病は治療すれば治る病気です.早期発見・早期治療ができれば,予後もスムーズに回復できる病気です.まずは,ご自分の心身が怠けなどでなく,治る病気であることを認め,休息と適切な治療が必要なんだと考えてください.

 治療中は,必ず医師の処方を守ってください.うつ病は調子の波もあり,再燃・再発しやすい病気でもあります.調子が上向きになってきたからといって,お薬を減らしたり突然やめてしまうと,再燃・再発のきっかけにもなりかねません.もし,お薬の量を減らしたり変更したいと思ったら,必ずお医者さんに相談してからにしましょう.

 うつ病治療中に,1人で大きな決断をするのは避けてください.職場に迷惑をかけるからといって,退職願を出したり,家族に迷惑をかけるからという理由で離婚したりというのは,後々後悔することになります.特に,うつ病が回復して社会復帰する場合,転職するよりも,元の職場に復職することが望ましいのです.転職などで慣れない仕事をするよりは,会社の方とも相談して,十分なうつ休暇を取りましょう.






 また,うつ病になったこと,治療で休息をとることを,チャンスだと思ってください.どんなチャンスかというと,これまでアクセル全開でエンジンから煙が出ていた状態だったのを,整備しなおして再スタートをするための準備期間だと思ってほしいのです.今までよりも,ご家族と共に過ごせる時間が増えるチャンスでもあります.ご両親,旦那さま,奥さま,そしてお子さん...仕事などに費やしていた時間よりも,家族との濃密な時間を持てることは,滅多にないチャンスだと思います.



 筆者はうつ病になるまで,両親の元にほとんど帰省せず,研究生活にのめりこんでいました.ですが,うつ病になってから,家族に支えてもらい,またこんな自分でも家族を支えることができる今,とても幸せな時間を過ごせています.こんな形になってしまいましたが,高齢の両親にとって,これまでにない親孝行ができるチャンスだと思って,毎日を過ごしています.

 また,うつ病になったことで,筆者は母を始めとする『心の病』をもつ人への考え方が変りました.以前は,心の病をもつ母を避けるように生活していました.ですが,自分が同じ立場に立ち,ようやく『心の脆さ』に敏感になりました.

 リハビリとして始めたブログで,ネット上でのコミュニケーションの練習を始めました.いまだ,一部の理解のある人たちの間でしか,理想的なやり取りが成り立ちません.心の病と無関係の人たちを相手に,コミュニケーションすることは,ハードルが高く感じます.でも,リアル(現実)の社会に出るため・戻るためには,良い練習場所だと思います.



 うつ病治療中の間に,ストレス・マネジメントが出来るような,メンタルトレーニングを意識してください.前向き思考・ポジティブ思考・・・時には能天気(スチャラカ社員モード)なくらいが,丁度良いはずです.今までがアクセル全開・オーバーヒートで激突寸前の生活だったのですから,これからは安全第1の人生設計を立て直すチャンスです.


 そしてうつ病になったついでに,合言葉を覚えてください.


何事も,『焦らず・じっくり・のんびり』と!






うつ病などの体験談.
マンガと侮るなかれ.家族・夫婦で深刻な状態になった時の話など,うつ病などの実態が描かれています.
マンガ形式だと疲れずに読みこなせます.共感する出来事をマーキングして,家族の人に伝えることもいいですよ.

★貂々さんのツレウツシリーズ(サラリーマンの旦那さんが鬱発症)



★大原さんシリーズ(旦那さんから子供まで(!?)神経症)




病院・医師選びについて <= うつ病治療.com   診断ガイド => 患者さんの周囲の方へ